若者は何事も突然行うのだろうか?

私は1年程トレーニングジムに通っています
1年前に比べて身体つきはかなり変わり、
多くの人に「マッチョだ」と言って貰えています
いつものようにジムに向かうと、高校生と思わしき3人組がジム内にいました
夏が近づくと入会者が増えると聞いていたので、
彼らも夏に向けてジムに通うことにしたのだろう、
と思い、特に気にせずにトレーニングの準備を進めました
しかし気になることが。3人組はトレーニングマシンに腰掛け、
雑談を長い時間続けているのです
スクフェスwiki
明らかなマナー違反ではありますが、注意するのも何なので、
空いているマシンでトレーニングを開始しました
すると、「うわー筋肉凄いっすね!」と3人のうち1人が私に話しかけてきました
トレーニング中に話しかけられたら困るなぁ、
とは思いましたが無視するのも失礼なので、
トレーニングを中断してお礼を言いました
すると残り2人も近くに来て、私の身体を勝手に触り始めたのです
「なんだこいつら!?」と思う間もなく、勝手にケータイで写真を撮られました
唖然としている私に「ありがとうございましたー」と言って離れていき…
マナーとか、それ以前の話です
もし私が凄い怖い人間だったらどうするんだ…と3人のことが不安になりました

裏道や裏テクをやる人は羨望の眼差しで見られるスーパーマリオブラザ

何人もの友達と盛り上がったのが、ファミコンのスーパーマリオブラザーズでした。
このスーパーマリオブラザーズは、近所にやりに行くほどに凄いブームでした。
学校帰りにみんなで集まって、そのマリオをやるために奪いあってやったものです。

誰が早くゴールできるかを競う事が何よりも楽しく、大ボスを倒したら、
みんなから羨望の眼差しで見られたものです。

凄く詳しい友達は、無限にマリオの数を増やす事ができます。
亀の上に乗って、たくみな手さばきを披露すれば、
みんなが「オーっ」と声をあげて歓声を上げるのでした。

慣れてくると、そのマリオの動きが異常に素早くなります。
敵をジャンプで避けたり、ドラム缶の中に素早く入る事もできるようになります。

フラワーを取ると、無敵になるのも面白いです。
マリオの色がピカピカして、敵に当たっても大丈夫です。

もっと面白かったのが、裏道です。
スーパーマリオブラザーズには、色々な裏道に行けて、
素早くゴールする事ができる道が幾つもあります。
それを見つけた友達は、やっぱりみんなの熱い視線を集める事ができました。

ジョジョss

ぷよぷよクエストにどっぷりハマり中

今、「ぷよぷよクエスト」に大はまり中です。
「ぷよぷよ」って昔からあるゲームだよなー、
そういえば昔遊んだことあったな、
懐かしいからちょっとやってみようかな。
とまあ、そんな感じで軽く始めたんですが、
やりはじめたらこれが、思いのほか面白い!
元々好きな「ぷよぷよ」にカード要素が加わって、
楽しさが倍増していました。
キャラクターがかわいいから、カードを集めていくのも楽しいし、
気に入ったカードを育てていくのも楽しいし。
パズルゲームが好きな事もあって、どっぷりとハマってしまいました。
ステージが上がっていくと敵も強くなってきて、
手持ちのカードを強化するために、
クエストを何周もやりまくるようになり、
気が付くと一日中ぷよぷよ三昧です。
課金しなくても楽しめるアプリだけど、
そろそろもっと強いカードが欲しいし、
有料のガチャに手を出しちゃおうかと葛藤しています。
ちなみに今は、バトルに勝ってカードを育てていく
イベントに参加中です。
早朝深夜を問わず、いつでもやっていて、
おかげですっかり寝不足になってしまいました。
開催期間が限られているイベントだから、
ついつい、やっちゃうんですよね。
寝る前にもうちょっと・・・と、ベッドの中でやっていて、
いつの間にか寝てしまい、朝起きてスマホを見たら、
バトルの途中だったことも多々あります。まさに夢中ですね(笑)
車 査定

子どもにつられてやり始めてすっかりハマったプロ野球PRIDE

2013年の日本シリーズ、楽天の日本一をかけた田中マー君の力投と楽天ナインの気迫あふれるプレーを見て感化され、というかその時のCMでやってたからだったような気もするけど、「プロ野球PRIDE2013」にハマった。最初は子どもがやりたいやりたいとうるさく騒ぐので仕方なくインストールしたものの、まだ3歳児の子どもにはタイミングよくバット振る(タップする)ことが難しいようで代わりにやってあげていた。
そのうちにレアカードをもらったり、レベルあげて選手を強化することもやってあげていたらすっかり自分自身が熱くなってしまい、子供用のiPhoneだけじゃなく、自分のiPhoneにまでアプリを導入していたという始末。とことんやっていくと、激レアカードをとるためには友達紹介か課金が手っ取り早いことがわかり、カードを手に入れるために嫁まで巻き込んだ。
クッキーラン
子どももバッティングがうまくできなくせに、このゲームはバッティングしかないからそれができないと話にならないんだけど、それでも負けじとレベルを上げる。僕はより強いカードを手に入れるために嫌がる嫁に無理やりやらせて、時には手伝って紹介でカードがもらえる条件である1ステージクリアを頑張った。
その結果、Sクラスのすごいカードが手に入ったのだけど、そういうのってそういうタイミングちょうど潮時なのか、達成感を感じたままゲームを起動しなくなっていた。
一時はスタミナ回復のために課金もしそうだったのに、不思議なものだよね。

パズドラZよりも元祖パズドラ!

パズドラにもついにニンテンドーDSでパズドラZが登場しました。これによって課金などをすること無くストーリー攻略をしながらパズドラの元々のパズルゲームを楽しむことができるようになりました。
ですが、私は以前パズドラZは購入していません。友人はソフトを買って今も一生懸命ゲームをしておりますが、私は現在もスマートフォンでパズドラをしている方が大好きです。
確かに課金したりするとアプリはただでも高くつくことはありますが、それでも毎度新しいモンスターが増えたり、究極進化が増えたりと攻略要素が非常に多いので私はそうした更新が入るところが大好きです。
その上でデザインや能力が強いモンスターを手塩にかけて育てたりするのがまた良くて、育てたモンスターに究極進化ができたりするとその時はなんとか進化させたいと熱中してしまいます。

パズドラの熱中要素はそうしたモンスター育成にもあると思います。やはりそうしたものは常に通信ができて更新されるアプリ版でなければ楽しめませんし、ストーリー性があるとクリアしてしまった時点で終わってしまいます。そうしたものでは無く、なかなかクリアできないダンジョンなどが随時増加したりするアプリ版をこれからも愛用したいと思います。

LINEアプリ

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !